2009年03月26日

『俳句空間―豈』47号

ani47.jpg
〔特集・青年の主張/安井浩司の13冊の句集〕
 発行:2008.11.10豈の会/発売:邑書林/
B5判26cm 158p \1,050(税込)
 ▽セブンアンドワイ- みんなの書店- 天狗本店

 http://myshop.7andy.jp/myshop/tengu



代わり映えのしない俳壇と、一線を画した安井浩司の存在にスポットを当てた特集。
ターゲットは13冊の句集なのだが、縦横無尽に論じられていて読み応えがあるはず。
そして「青年の主張」なる少々古いフレーズの特集。内容が斬新かは読後のご判断。
新鋭招待作家として選ばれた五人の俳句作品の、何と保守的で元気のないことか。
俳句空間時代の気鋭の息吹や衝撃が感じられない。卑しくも安井浩司の特別作品・
書下ろし50句に次ぐ巻頭の位置を占めながら。よりにもよって五人とも旧仮名で、
それを使えば伝統を敬い継承しているとかいうものではない。
無難に多数派の愛用する形式や表記に則っているという体たらく。
俳句表現の表層に甘んじているに他ならない。
俳壇の古老や似非伝統派に将来を期待すべくもないが、
保守革新中道…何でもござれの、とりあえず自由を確保している「豈」たる
俳誌媒体が取り上げた新鋭の、既に枯渇している様は嘆かわしい限りだ。
今後のこの「新鋭招待作家」の頁は、誌面上後ろに続く豈同人作品を
凌駕するインパクトのある作品が連なることを期待する。
現時点では、巻末で小さな活字で1頁に押し込めることで事足りるし十分だ。
申し訳程度な略歴が添えられているが、そっけない。無記が一人いる。余白が悲しい。
具体的な作品鑑賞は豈を購入して読書されたし。反面教師として役立てて頂きたい。

「追悼・長岡裕一郎『さようならのむこうに』早瀬恵子」の頁は感慨深く読んだ。
他はまだ読みきれていない。
わが同人作品は、「苦獄」と題した回文俳句21句と下段の「今風俳句数え歌」。(138p)
35-4628

ラベル: 俳句空間 俳句
posted by 二健 at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。