2007年06月22日

「マコ太宰治をよむ―走れメロス」感慨

mako-hm08web-bw-dl.jpg oku-hm (54)ds.JPG oku-hm (19)ds.JPG

(主催者としての謝意と感想です)

お蔭様で開演前に満席になり、お客様に恵まれた朗読会でした。
私も込みで俳ラ主客系の5名以外は、ほとんど奥山氏のお客様で席が埋まりました。
去年の桜桃忌公演初回の入りは寂しいものでしたが、
今回は打って変わって三倍の入りでした。
何をおいても奥山氏の箔のついた朗読芸と人望がものを言った一幕でした。
松本氏による尺八の音響付きで「走れメロス」の朗読を聞けたのは、
またとない機会でした。
物語上のメロスの葛藤する切羽詰った心境の振幅が、
メリハリのある朗読と尺八の呂律によって絶妙に表現されました。
静寂の空間を演出するために、窓を閉ざし肩を寄せ合っている会場ながらも、
あえて冷房を切っての実演でしたが、暑さも忘れさせるほどの緊迫感で、
終幕まで走り抜けました。
8本の持ち替え尺八も、朗読も、まったくの生の音で、
電気的増幅はなかったことも、真剣勝負のようで功を奏したと思います。
やはり、芸の音響の基本はアコースティックだと思います。

今回の朗読公演に接して「走れメロス」について、ことさら思いを新たにしました。
極限状態に置かれた、あるいは自らそうした人間が、
その状態の深刻度と濃密さが増すにつれ、どう思いあぐね、どう行動して行くのか、
その連続した過程のそれぞれにわくわくさせられました。
利己の鬼と利他の神の誘惑と信念に鬩ぎ合い、
徒に揺さぶられる人心の織りなす綾。
そして自己犠牲を余儀なくさせられる友情や義心の真価が表れる実践。
メロス当人は勿論のこと、王たる者の改心へと昇華へ導く結末で、
全ての柵や軋轢が開放され救済されます。
所詮作り話と言えども、人心の可能性としては真実味があり希望が持てました。

読書としてただ活字を追って読み進め、イメージする「走れメロス」にはない、
別物の、別格の「走れメロス」の緊迫した二重の高揚感が、
奥山眞佐子と松本浩和の「マコ太宰治をよむ」桜桃忌公演にはあったと思います。

来年の桜桃忌も乞うご期待です。
                            26-2407
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■[SAMURAI LIVE 13]奥山眞佐子「マコ太宰治をよむ」
 桜桃忌公演 With 松本浩和(尺八)
・去年の太宰作品『美少女』朗読に次ぐ第二弾
□作品:『走れメロス』
□日時:2007年6月19日(火) 開場18:30、開演19:00
□会場:サムライ 03-3341-0383 □料金:2500円(1drink)

▽奥山HP「おとなってなに」→新着情報
 http://hw001.gate01.com/otonattenaniweb/
▽初出:BBS「サムライブルース」
 http://6112.teacup.com/samurai/bbs
         Poster Design & Pictures by Jiken.
【関連する記事】
posted by 二健 at 15:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

これはのみのぴこ
Excerpt:  素敵な絵本だなと思いました。小さな小さな命でも、色んな場所で色んな生き物とつながりを持っている。対象を児童とした絵本としてはとてもわかりやすく、意味のある教訓を持ったものであると言えると思います。 ..
Weblog: なつみの日記
Tracked: 2007-09-30 06:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。