2007年11月13日

『俳句空間―豈』45号発売

『俳句空間―豈』45号〈特集・伝統の黄昏/伝統の新興〉〈特集・戦後俳句論争〉
発行:2007.10.30豈の会/発売:邑書林/B5判 154p 1,050円(税込)


ani45-01.jpg ani45-02wl.jpg ani44wl.jpg ani44jiken002ds.jpg

*写真左より、豈45号、45号二健作品「咲く七草」、豈44号、44号二健作品「以下機械」
____________________________________

毎号論客オンパレードの充実した誌面ながら、
わが作品は、同人作品の「咲く七草」の回文俳句20句と、
その下段に配された回文詩「互して撫子」1篇のみ。129頁

仁平勝氏の、特集・戦後俳句論争「大根を正宗で切るな」は、
桑原武夫の「第二芸術論」に対する、川名大氏の既に発表された
論考に対して、酷評を綴っているあたり、読み応えがある。

一方、4ページ前では、その川名大の、特集・戦後俳句論争
「『戦後俳句』史観」という評論があり興味深く読み比べた。
旧師の原子公平も名前だけは登場していて親しみをもった。
かなり硬質な文章であり、仁平の皮肉るところの正宗たる所以か。
仁平に言わせれば、駄文で大根の「第二芸術論」などは包丁で
切ればいい所を、川名は正宗で切りかかっているのだそうだ。
川名は学者先生にありがちな生真面目一本やりなのだろうか。
文学者としての知識と義勇のなせることであろう。
以前の未定誌上では、川名大対齋藤愼爾で、
歯に衣を着せぬ天晴れな論争を展開していたことを思い出す。

なお、仁平と川名の両評論は別個のものである。
その他、特集・戦後俳句論争のテーマでは、
今井聖、小林貴子、川名つぎお、橋本直(下記URLで読める)、中村安伸が
ペンを奮っている。

俳句に対して「第二芸術論」なるものが戦後すぐに出てきて物議をかもしたが、
この際、論を飛ばして結論だけの私見を述べたい。
「俳句は芸術に成り下がってはならない」
私がこのように極論すると、
「既に有名な○○が言っているよ」と指摘されるのだが…。  30-3140
____________________________________
▽発売元の邑書林のHP
 http://www7.ocn.ne.jp/~haisato/
▽俳句の創作と研究のホームページ/橋本直
 http://homepage1.nifty.com/haiku-souken/

◇前号『俳句空間―豈』44号〈特集・俳句の言葉/Who's who 豈'07〉
 発行:2007.3.31豈の会/発売:邑書林/B5判 166p 1050円(税込)
ラベル: 俳句
posted by 二健 at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。