2008年05月17日

工藤 桂 サムライ Live vol.2 「詩は、唄われる」

sl11kudo-pos00ds.jpg sl11kudo14.JPG sl11kudo11.JPG

当日は朝から雨がしとしと降っていましたが、午後には上がったので安心しました。
私への予約の数は淋しかったので、冷え込みを覚悟してましたが、
開演直前には席が埋まって救われました。ゆったりとした満席です。

29年前の当店開店当初のジャズライブで使っていたPA用パワーミキサーは、
当の昔にお陀仏になっていたので、今回のライブを契機に機材を新調しました。
300Wも出せるパワーミキサーの優れものです。
とは言っても、縦長の旧式PAスピーカーは健在なので使い回しです。
そこで一句「千波吉凶使い回しの拡声器」(なんちゃってね)
最新型アンプに年代物のスピーカー、この混ざり具合の調和がサムライ文化なのです。
舞台左右の後方に立てて設置したので、ハウリングが心配でしたが大丈夫でした。
入力の穴は12チャンネルもあるので、三重奏団でも不足はありませんでした。
唄はもちろん演奏も音響もたいへん良かったと思います。
手前味噌や理屈はともかく、お客様がどう感じられたかが肝要ですが…。
当店の形は左右のコンクリート打放しの壁が並行ではないので耳障りな反射音が無く、
内装と観客込みで音の拡散と吸音のバランスが良好です。
しかも天井が造作されてなく、吹き抜け空間なのも功を奏しています。
何といっても招き猫群の不規則なでこぼこが大いに役立っています。

さて、肝心なライブですが、来て見て聴いて下さるのがベストです。
タイトルの通り工藤桂氏のご祖父で詩人の高森文夫作品を弾き語り、
瞽女唄や民謡まで唄いこなし、月並みなフォークソングではありませんでした。
正に私たちの拠って立つ処に根ざしたギター弾き語りの唄でした。
フォークとは元来そういうものだとつくづく思いました。
それと、斎藤シュン氏の電気ウッドベースと、
ジャンベ(一枚革のアフリカの太鼓)での伴奏、
特に若い大口俊輔氏のアコーディオンの伴奏と、
ピアノソロ(自作のワルツの一曲を披露)の参加。
そういった変化と好条件が揃ったライブで申し分なしでした。

当店の「SAMURAI LIVE」では11回目、工藤桂の「サムライLive」は2回目でした。
今後とも有意義な小規模ライブやトークライブなどやっていきたいと思います。
ご来場下さった皆様をはじめ出演者の方々、どうもありがとうございました。

sl11kudo18bw.JPG sl11kudo29.JPG

※工藤桂の横顔:1983年生れ。東洋大学インド哲学科在学中にギター弾き語りを始める。
自作自演の他、舞踏家森繁哉の縁による瞽女(ごぜ)唄や詩人作品を弾き語る。
中原中也と親交の深かった宮崎県の詩人高森文夫を祖父にもつ。
サムライでは、2007年3月22日、弾き語り「枕のない夜」を行って高評を博した。
今回は、1年越しの2回目になる。

------------------------------------------------------------

■日時: 2008年5月11日 (sun)
     Open14:00/Start14:30
■出演: 工藤 桂 (Vo, G, P, Harmonica)
     大口俊輔 (Accordion)/斎藤シュン(B)
■会場: JazzBar サムライ                 31-3606
posted by 二健 at 23:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。