2008年07月13日

煉獄サアカス「マドリーと黒猫騎士団」初鑑賞

h-nakano7.jpg h-nakano6.JPG

煉獄サアカスLIVEの「マドリーと黒猫騎士団」、
それはそれは大変結構なエンタメ集団の熱演でした。
人を呼んで見せる作品として見事に仕上が っていました。
25人もの芸人(舞台表現者)を取りまとめて、
あのようにドラマチックに演出されていることに驚きでした。
女性ボーカル、管楽器、弦楽器、打楽器、キーボード等の
音楽セクションの多彩なサウンドは絶妙で、
合奏、伴奏、ソロ、アンサンブル、即興、効果音…、それぞれ秀逸でした。
楽団を背後に控え、狭い足場ながらも黒魔術の妖星のように
エキゾチックに舞うベリーダンサーたちの陰影の重なりは、
しなやかでファンタスティックでした。
物語を押し進める役者たちのコミカルで滑舌のいい演技、
そして、マイクなしで満場に響き渡る声、その肉声を生かす
インストルメンタルのPAバランスのよろしさなど、敬服しました。
神山てんがい団長は、多岐に渡る役割を演じつつ、
全体に溶け込みながらの指揮進行をこなしていることに目を見張りました。
韻律豊かな口上風ナレーションに、よりいっそう幻の彼方へ導かれました。
演劇と音楽と踊りとパフォーマンスのみにあらず、
「煉獄サアカス」たるサアカス団の本領もしっかりと描かれていました。
サウンドやビジュアルは勿論、台詞での空中ブランコ、具象の一輪車、
生身の曲芸師らが目の前に登場します。
誰しもが脳裏に住まわす危ういノスタルジーに誘い、
悪夢の中の花園に遊ばせてくれます。
花粉を唐辛子に化かす激辛占いのオペラおばちゃん、
お喋りお姉ちゃん、掴みどころがない器用なお兄さん、
乱舞する黒揚羽、てんがい氏の魔法のランプ、魔法の絨毯、
暗躍する黒猫たち。焼酎に酔う口の減らない女。
思わず笑ってしまう待機の楽師、もらい笑いする観客。…。…。
本物の笑いの連鎖。
緊張がほぐれ血の巡りがよくなったと思いきや、
体育座りの脚が痺れたのは私だけだったようで…。
二部の中盤は、立ち見席に移動して見納めました。拍手喝采!

続きを読む
posted by 二健 at 23:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

初めに

わがブログとしては「ブログ天狗」に次ぐ二つ目のブログを立ち上げた。時折、冊子などをご恵投賜っていながら、礼状も出さずにいた無礼に報いるべき何か良い方法はないかと、考えあぐねた結果、どうせなら公表できるブログへの書き込みを思い立った。つぶさに書評を書きたいところだが、読み漁りは不得意だ。せめて書籍の存在だけでもアピールできたら、多少なりとも恵投して下さった方への恩返しが出来るのではないかと思った。しかし義理や恩義だけででやるべきではないと考え直した。書物の頁を繰って、得るべきものを得るために、このブログの活用をすべきだ。書物の傾向は、自ずから、わが俳句系の趣味関連のものになるであろう。
もし拙文を読まれたならば、なんなりとコメントを戴けるといっそうありがたい。
なお、当サイトのトップページはHP「俳句天狗」とする。
posted by 二健 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。