2007年11月12日

ほくめい短歌塾入門記

tatumi.y (4)sqbwdshk.JPG

立冬を目前にした平日の昼下がり。
どんよりした後楽園の空。
講道館と肩を並べた文京シビックセンター。
ちなみにシビックとは、車名ではなく「市民の」という意味。
実に財政の豊かさを具現した公共施設だ。
会場の会議室は三階の奥まった所に。

定刻に到着すると、入口のドアで仕掛け人の山下氏と鉢合わせ。
氏の飲まれている姿しか見たことがないので、
昼間素面で、お勤めされているのを見て安心した。
入室すると、窓側の白板前の講師席で立っておられた
辰巳泰子氏に暖かく歓迎された。
「たまには辰巳さんのお顔拝まないと老け込むからねぇ」。
「苦笑」。
冗談のジャブを飛ばすのが私流人間観察上の常套手段。
しかし時と場合と相手による。
つまらない冗談は迷惑なので控えなければならない。

講師の、ふくよかな黒髪と白いお顔。
右大腿部外側に深く切れ込みの入った黒いワンピース。
異国情緒と言おうか、たおやかな大阪言葉。
和モダンな目鼻立ち。
それら人一人の存在そのものにまとわる要因は、
無機的で素っ気ない会議室の空気を潤した。

角の席に陣取って、自分の鞄をごそごそやっていたら、
「二健さん、飛入りやるつもりの準備ですか?」と指摘され、はっとした。
「いやいや、とんでもない、辰巳さんの話と朗読を聞きに来たんですよ。
メモ用の紙を探していたんです」と、率直に申し上げた。
こう見えても人前での自己顕示に対しては幼少より消極的性格。
遅刻者を待って数分遅れで開講。
こういった会、私は久々の受講。
深く座り直して背筋を伸ばした。

先ずは、10年程前、短歌朗読に関わった経緯、そして体験談など。
築地での第一回目の「マラソン・リーディング2001」(4.28)や、
三鷹での朗読バトル「辰巳泰子VS藤原龍一郎」(2001.7.1)など、
当時観客だった私ながら、時空を共有したという接点もあるので
親近感を覚えた。
辰巳氏のエピソードでは、朗読の練習の為にカラオケボックスに行って、
友人が歌った「ルパン三世」の主題歌に出会ったそうな。
その歌にまつわる見解は、歌人兼朗読者らしく斬新なものだった。
その上、その歌を起立して歌ってくれるサービスにあやかった。
辰巳氏の無伴奏の歌を初めて聴けたことは幸いだった。
修学旅行で美人バスガイドさんをに当たったような、浮かれた心持だった。
辰巳氏は才ある表現者として肝心な‘突き抜け’を持っている人だと、
前々から思っていたが、この何気ない行動もその表れであった。
▼続きを読む(クリック)
posted by 二健 at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。